重力ピエロ

Books

伊坂幸太郎 『重力ピエロ』 新潮文庫

「春が二階から落ちてきた」から始まる。仙台市の連続放火をめぐる、親子、兄弟愛を描いたミステリーな推理系。

鍵となるグラフィティーアート、遺伝子・・・、そして家族の過去。

初めて読んだ伊坂氏の本。

他にも『残り全部バケーション』など、題名がおもしろくてタイトル買いしてしまったのがある。

  ではまた次回!!



コメント

タイトルとURLをコピーしました