4/28(木) ただいま、引っ越し真っ最中・・・。 & プログラミング勉強中につきブログ更新できておりません。

料理の四面体

Books

各国の料理の説明や作り方、はたまた料理の定義とはなにか?料理とはどこから始まるのか?

例えば、少年がいて釣ったタイをそのまま、がぶりと食べてみたらあまり美味しくはないだろう。(この時点ではまだ料理を味わってはいない)
噛み切ったタイの身を口から吐き出して、海水で洗って食べてみた。そしたら塩が滲みてさっきより美味しく感じた。(この時点で、料理を発見したことになるのではないか)

・・・てな感じのお話があったり

日本でおなじみの料理「エマンセ・ド・ポール・オ・ジャンジャンブル」!
エマンセ(薄切り)、ポール(豚)、ジャンジャンブル(生姜)→豚の生姜焼き
フランス料理の説明しながらこんなネタも混ぜてきたりして、出てくる料理もなんか美味しそう。
しかも色んな国に行って食べ歩いてます。この方。そーゆーのが好きなんだな・・・

題名の要となるキーワード・・・
  ・火(中心要素)
  ・空気
  ・水
  ・油

この四つのキーワードを頂点に持った四面体(カバーに書いてあるよ♪)で料理は構成されているとのこと!

だからなんなの??・・・って言われたらそれまでなんですけど(笑)
この発想からなにかインスピレーションが湧いてくる方が出てくるかもしれないじゃない?

  では、また次回!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました