4/28(木) ただいま、引っ越し真っ最中・・・。 & プログラミング勉強中につきブログ更新できておりません。

【ガーリックパン粉マスタードチキン】 & 【気になるマスタード達】

Cloud Restaurant "unmain"

下にしいてあるマッシュポテトならぬ

クラッシュポテトは後ほど紹介いたします

スポンサーリンク

ガーリックパン粉マスタードチキン

材料
  • 鶏もも肉
    ・・・1枚
  • 塩、コショウ、油
     ・・・少々
  • マスタードソース
    粒マスタード
    ・・・スプーン1杯
    ケチャップ
    ・・・スプーン1杯
    マヨネーズ
    ・・・スプーン2杯
    からし
    ・・・お好み
  • 香草パン粉
    パン粉
    ・・・2掴み
    にんにく
    ・・・1片

    ・・・少々
  • 上記のマスタードソースを作る
  • 香草パン粉作り
    にんにくをみじん切り
    油、にんにくをいれ
    塩、コショウをし
    弱火で香りを引き出す
    パン粉を入れて炒める
    (ホントはここでパセリのみじん切り
    入れたかった・・・)
  • もも肉の処理
    スジ、軟骨を除去
  • 肉が厚めのところには
    火が均一に通るように
    切込みを入れておく
  • 肉に塩、コショウを強めにふる
  • フライパンが温まったら皮側から焼く
  • 中火で焼色がつくまで焼く
  • ひっくり返して裏面も焼色をつける
    (オーブンで仕上げるんでレアでOK)
  • クッキングシートを敷いた
    天板に肉をのせ
    マスタードソース
    香草パン粉をかける
  • 予熱ありの200℃、20分で完成!
    (一応、中まで火が入ってるか
    確認はしてくださいね〜)
マスタードソース見えないっすね・・・

マスタードソースが足りない場合
上記の割合で追加して下さいませm(_ _)m

レシピ無視して目分量も可!(笑)

そもそもマスタードって・・・?

アブラナ科からし菜の種子が原料

ざっくりいうとマスタードは洋、和タイプに分かれる
(分類に関しては諸説あります)

洋からし

和からしに比べて辛味が弱くマイルドな種子を使用

よく見るやつは粒マスタードイエローマスタード

フランスのディジョンマスタードも有名


粒マスタード
種子がそのまま入っていて
酢、塩、ワインなどを混ぜ合わせて作る

イエローマスタード
ホットドッグにかけるあれ
種子をペースト状にしターメリックで着色

ディジョンマスタードはフランスの”ディジョン地方”で作られるマスタード
”ヴェルジュ”と呼ばれるぶどうの絞り汁を使用することで
フルーティーな仕上がりに

和からし

洋からしに比べて
鼻にツンと来る辛味強めの種子

種子を粉状にしたものを

水またはぬるま湯で練る

40℃ぐらいのぬるま湯を

使うと辛さが増すみたいですよ

使ってみたいマスタード達


シャンパーニュで有名な
CHAMPAGNE POMMERY社の
醸造酢を使用



こちらもディジョンマスタード


↑地元食材アピール(笑)

  では、また次回!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました