4/28(木) ただいま、引っ越し真っ最中・・・。 & プログラミング勉強中につきブログ更新できておりません。

三元豚とは?

Foods

よく聞くけど、「何なんだろう?」と思い、ちょっと調べてみました・・・

まず日本で飼育されている主な品種は以下の3種。

勘の言い方ならこの時点で気づいたかもしれませんが、これらの品種が三元豚に関係しています。

スポンサーリンク

3匹のブタさん

1・ランドレース

原産国:デンマーク  
大型で白毛、日本の主要品種、飼育頭数も多い
適度な赤身肉でハムの加工用に適している
早熟で繁殖力高め

2・大ヨークシャー

原産国:イギリス ヨークシャー州 
大型で白毛 
赤肉率が高く、精肉用、加工用に適している
ベーコンタイプの代表品種
比較的早熟で多産

3・デュロック

原産国:アメリカ 
やや大型 毛色は褐色 
肉質がよく、サシ(霜降り)が入っている

文字じゃ分かりづらいと思うので、こちらのサイトを見ると画像つきで説明があります!
(参照:一般社団法人 日本養豚協会)

ただし、これらの品種が豚肉として売られているわけではなく、

これらの純粋品種同士を組み合わせて生まれてきたブタさん(雑種)を、育て、加工されたものが市場に出回ります。

ブヒッ

三元豚

美味しい豚肉を安定供給できるようにと、日本では主に上記の3種の長所の部分↓

  1. ランドレース(L):適度な赤身肉早熟で繁殖力高め
  2. 大ヨークシャー(W):赤肉率が高く比較的早熟で多産
  3. デュロック(D):肉質がよく、サシ(霜降り)が入っている

をバランス良く取り入れ、掛け合わせたのが三元豚です。

(L)と(W)を交配した(LW)の♀に
(D)の♂を掛け合わせた(LWD)が日本の三元豚の主流

トリュフ探しに豚?

ちょっと話は変わりますが、ブタさんつながりでもう一つご紹介したいと思います☆

世界三大珍味の高級食材トリュフ

なんと、トリュフ探しで活躍するのが”ブタさん”

なんでも、トリュフが発する臭いの中にα‐アンドロステロールという

♂ブタさんが発するフェロモンと同じ成分が含まれているため、

♀ブタさんが森の中を嗅ぎ回って収穫作業をします。

ブタさんはトリュフが好きで、回収が遅れるとそのまま食べてしまうことがあります。

そこで人がトリュフをすぐさま回収して、ピーナッツを食べさせてごまかす・・・。

でも、このままだとせっかくの高級食材のロスが出てしまうので、今は犬を使った採取法もあります!

ワンちゃんなら食べる前に教えてくれますからね♪

別名:イボセイヨウショウロ
日本でもトリュフは取れます!

トリュフでも取りに行くか〜。

森林を下を向いて歩いている不審者がいたら、・・・それは僕です♪

不審な動きではなく、トリュフ・・・、探してます!笑

  では、また次回!!

下を”ポチッ”として応援いていただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました